内科・外科・眼科・総合診療科

整形外科・リウマチ科

〒168-0065 東京都杉並区浜田山3-35-13
TEL: 
03-5929-9151

クリニック案内

医院名
浜田山ファミリークリニック
院長
小泉 健雄
住所
〒168-0065
東京杉並区浜田山3-35-13
診療科目
内科・外科・眼科・総合診療科・整形外科・リウマチ科
電話番号
03-5929-9151

予約受付システム

外来診療の予約ができます

ご活用ください

内科、眼科、整形外科

予約画面に移ります

インフルエンザワクチン注射の

予約は受け付けておりません

03-5929-9151まで

在庫の確認をなさった上で

受診されてください

Facebookページあります!

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。

TEL 03-5929-9151


インフルエンザ予防注射

承ります!


まずは電話でお問い合わせください 03-5929-9151

院長コラム

2018年12月5日 糖尿病と糖尿病性網膜症

健康診断で血糖だけでなくHbA1cという項目が高い、と言われた方いらっしゃいますか?

またもともと糖尿病を患っておられる方、なかなか治療が進まない、という方はいらっしゃいませんか?

現在、当院では「GLP-Ⅰ受容体作働薬:トルリシティ」を積極的に使用しています。自宅でも注射できるものですが、当院では患者さんの簡便さや動機付け目的に週に一回通院していただきながら投与しています。インスリンほどの煩雑さがないので患者さんには好評で、HbA1cの降下作用も認められています。詳しくは外来でご相談ください!

また、当院には糖尿病の味方、眼科があります!

糖尿病の内科診察を行った後、直ちに「眼科による眼底検査」を受けることができ、適切な治療方針を立てることができます。

当院ならではの特色なので、

是非、内科と眼科の併診を御活用くださいませ!

地域の皆さんの健康管理をしたい 浜田山ファミリークリニック




バックナンバー

2018年11月28日 突然のケガは是非お任せください!!

転んでしまって頭をぶつけた、アゴをぶつけた、包丁で指を切ってしまった、などなど、いちどケガを負ってしまうと

血も出ますし、傷をどうしたら良いか、本当に困ってしまいますよね。

そのような時は是非、浜田山ファミリークリニックにご相談ください。

なかなか縫合処置となると時間がかかるので一般のクリニックでは拝見しない方針のところが多いようです。

院長、小泉はそれは違うと思っています。確かに他の患者さんをお待たせするかもしれません。

ただ傷を負った患者さんの「お困り度」は大変なものです。

「うちでは見れないんでね、大きな病院に行ってください」と紹介状も書かずに案内(?)してしまうのは救急医の魂がある私にはできません!

ケガをしてしまったら、どうぞ、一度ご相談を!

何とかします!

2018年11月21日 2018年救急医学会総会に出席してきました!

今年も救急医学会に参加してまいりました!

過去には15年連続で演題を提出して発表してまいりましたが、さすがに開業してからは畑が違いすぎて断念しております。。

でも学会上で後輩のみなさんがすばらしい発表をしているのを見て、頼もしいな〜、僕の出番じゃないな〜と思いました。

これからも微力ながら救急医療に貢献していきます!

浜田山ファミリークリニックも頑張りますよ〜

2018年11月14日 骨粗鬆症の早期発見、予防をサポートします!

骨粗鬆症。。。

よく耳にするけどちょっとピンとこない

という印象をお持ちではないでしょうか?

閉経後の女性に特に多く、知らない間に骨の密度が低下して、左の写真のようになってしまいます。知らない間に「いつの間にか骨折」を引き起こす大きな原因となっているのをご存知でしょうか?

また生活習慣病との関連も指摘されていて、高血圧症、高コレステロール血症、糖尿病などを治療中の患者さんも発症のリスクが伴います。

なので、当院では骨密度測定を適宜お勧めして、骨密度が低下している方には早期治療を開始して、「いつのまにか骨折」の予防に努めています。

50歳以上で骨折の経験があるかたも骨粗鬆症の可能性があります。ぜひ当院で骨密度測定をされてください。専門的な治療を行います!!

浜田山ファミリークリニックまでご連絡を。

2018年11月10日 当院の戸松泰介先生が夕刊フジの記事になりました!

当院の戸松泰介先生が

夕刊フジの特集記事「ブラックジャックを探せ」に取材され記事になりました!

戸松先生は当院眼科、私の妻、千春のお父上で、女子医科大学の教授を歴任された整形外科のえらい先生でいらっしゃいます。

そんなビッグネームが当院で働いてくれている。。

ファミリーであるが故の愛がそこにあります。

リウマチはもちろんのこと、整形外科一般診療をお任せください。

夕刊フジ記事は

http://www-origin.zakzak.co.jp/lif/news/181109/lif1811090007-n1.html にアクセスしてくださいませ

2018年10月19日 実は子育てしながらクリニックやってます!

院長および眼科の千春は日々クリニック運営、診療に携わり、徐々に地域に認知されているように思います。これも通院いただいている患者さん、かかわるすべての方々のおかげと思っています。本当にありがとうございます!

ところで我々の日常生活のことを少しお話ししようかと思います。

実は子供が3人いまして、怒涛の絶賛子育て中の状態なのです。

11歳、6歳が小学校、4歳が保育園通いです。

毎朝、クリニックに早く行きたい気持ちを抑えながら、みんなを起床させます。それから4歳児のご飯介助、さらに自転車で送り、ようやくクリニックへ向かうのです。

夕方もクリニック業務が終了した時点で父親の顔、、 直ちに保育園へお迎えです。帰宅すれば、長男の国語の勉強のおつきあい、次男のご飯介助、長女の制作に付き合い、本を読み聞かせ、最後は寝かしつける。。。

これは在宅医療もやっていると曜日にかかわらず、場合によっては日曜日、祝日もあり得るわけです。

先日も夏休み最後の日に在宅医療の患者さんが亡くなり、旅行先から帰ったこともあるくらいです。

前回の記事にあげたようにまるで「水曜日は働いていないようだからなんで子供をあずける?」てな意見を頂戴するとちょっとオイオイと思うわけです。

すいません、何も言わないと、何を言われてもいいことになっちゃうんでこの記事をあげておきます。。

2018年10月17日 水曜日も働いていますよ!

浜田山ファミリークリニックは平日、水曜日を定休日とし外来業務を休ませていただいています。

ここが誤解の部分だと思うのですが、水曜日は訪問診療の日に充てているのです。医師はクリニックに9時までに出勤してそれぞれの訪問診療に出かけています。水曜日だけで1日5〜6人の往診・訪問診療を行っており朝から夕方まで働かせていただいています。

一部に水曜日働いていないのでなんで子供を預けているのか、なんて言ってる人もいるようですが、大変な誤解です!

外来診療を持ちながら訪問診療に携わり、

患者さんに連絡先を渡して、

24時間・365日いつ連絡があるかわからない状況で過ごしているのです。

「自分で好きでやっているのでしょう」と言われるかもしれませんが、地域医療に貢献させていただいているという自負もあります。

地域のみなさんのさらなるご理解をいただきたい、と思う一件でした。


2018年10月10日 本当の「かかりつけ医」とは?

以下のような施策が議論されているようです!

「財務省は9日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、かかりつけの医師以外で受診した場合に患者の自己負担を増やす制度や、新薬の保険適用の際に費用対効果の検証を導入することなどを提言した。少子高齢化で膨張する社会保障費を抑制する狙いがある。」読売新聞 10月10日朝刊 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00050110-yom-bus_all

しかしながら本当のかかりつけ医とは何か?

標榜するだけなら誰でもできます。

かかりつけている患者さんのあらゆることに付き合えますか?

自分の思った通りの医療が展開できなくても、簡単に紹介せず引き受けることができますか?

「かかりつけ」大変重い言葉です。医療費のことだけではありません。利益優先で「かかりつけ医」標榜はすぐに患者さんにはわかります。

私も精進して本当の「かかりつけ医」「総合的に人をみることのできる医師」を目指していきます!!

2018年9月25日 院長、50歳になりました!

院長の小泉健雄がついに!50歳となりました。

開業した歳に人生の節目をむかえるとは何だか感慨深いですね。そろそろ体のどこかに不調が出てもおかしくない年齢。。患者さんに注意、指導ばかりしていますが、自分にも言い聞かせねば。

最近、本当に運動できていません。クリニック運営も去ることながら子育て中(11歳、6歳、4歳)なので、家でも絶賛父親中なんですね。。

腕立て伏せ、腹筋していても、上に乗っかられて負荷がかかりません。。

生活習慣病になってしまうな〜

右のようなうれしいプレゼントももらえるのですけど。。

2018年9月6日 地域に結構顔を出しています!

現在、往診・訪問診療の患者様を10人ほど拝見しています。外来診療の無い水曜日、土曜日午後、お昼やすみなどを使って浜田山、西永福の街を自転車で回っています!

お陰様で地図なしで色々な地区を訪れています。どんどんこの街が好きになっていきますね。

浜田山ファミリークリニックは地域のための診療所です。クリニックに来られる人も訪問診療を受ける人も出来うる範囲で拝見いたします!!

浜田山ファミリークリニックはみなさんのそばにあります。

ご相談は03-5929-9151まで。。。


2018年8月22日 「ゆうゆう館浜田山」において健康講座を開催いたしました!

8月20日に「ゆうゆう館浜田山」において健康講座を開催させていただきました。

この日はサークル活動をされている利用者さんの抽選会なのだそうです。その際に色々と講座が企画されているとのことでした。

今回はご縁があり院長の小泉がお話しさせていただくことになりました!

ウチの真ん中の子供が通ってた保育園の2階にある施設なんですよ。。

テーマは「これって脳卒中?」と「知っておきましょう、目の病気」とさせていただきました。

『脳梗塞は症状がはっきりしているだけでなく、適切な医療機関に搬送されれば、迅速な治療が可能である』ということを中心にお伝えしました。

また眼科疾患に関しては『白内障は完治可能な病気』『緑内障、黄斑変性症は早期発見、早期治療』ということを強調して話をさせてもらいました。

早速、翌日に来院いただいた利用者さんがいらっしゃいました。ありがとうございます!

今後も地域に向けてどんどん医療情報を発信していきたいので健康講座のご要望があればご連絡ください。

電話:03-5929-9151

e-mail: 

      take99051@hamadayamafamilyclinic.com

2018年8月16日 とても光栄なことにまた院長の記事が載りました!

前回の「エコノミークラス症候群」の記事に引き続き、今度は院長とクリニックの紹介が

夕刊フジの”ブラックジャックを探せ”というコーナーに載りました!!!

以下引用になります

★浜田山ファミリークリニック(東京・杉並区)院長・小泉健雄さん(49)

 京王電鉄井の頭線・浜田山駅から徒歩3分。閑静な住宅地にある「浜田山ファミリークリニック」は、健康に関するあらゆる悩みの相談に応じるプライマリー(初期診療)に特化した専門医院。

 院長の小泉健雄医師は、大学病院の救命救急センターに20年間在籍した、救命救急のスペシャリスト。その豊富な知識と実績を生かすべく、満を持して開業に踏み切った。

 今ある症状から診断につなげ、的確な治療計画を立てていくのがプライマリーケアの役割。近年は日本でも「総合診療科」と名乗り、多くの医療機関で導入されている。

 「長年私が身を置いていた救命救急の現場では、意識をなくし、症状を訴えることさえできない患者を対象に診断と治療を行ってきました。その経験は今大いに役立っています」

 

小泉医師が内科系、外科系全般を担当する他、眼科医である妻が眼科領域、また妻の父が整形外科領域をカバー。さらに、小泉医師のこれまでの経験を生かした、外傷や熱傷などの受け入れや、超音波検査にも積極的だ。

 現在クリニックがある場所は、小泉医師の生まれ育った場所でもある。

 「全身の臓器を勉強したくて専門に選んだ救命救急での経験を、自分の地元の方々の健康維持に役立てられる喜びは大きい」と語る小泉医師。忙しい外来診療の合間を縫って訪問診療にも取り組むなど、地域医療にかける意気込みは強い。

「ここでできる治療は丁寧に行い、それ以上の医療が必要な時には専門性を持つ適切な医療機関に紹介する。体の不調を感じてクリニックを訪ねてきた人を、『うちでは診られない』と帰すことはありません」

 何でも診られるお医者さん-そんな小泉医師の存在感が、地域に浸透し始めた。(長田昭二)

2018年8月18日 杏林大学保健学部看護学科大学院の講義をしてまいりました!

かねてからご依頼のあった杏林大学保健学部看護学科の大学院講義に伺わせていただきました。

学生は2人だけでしたが、救急医療の経験者で熱心に聴講していただきました。

テーマは院長が救命センター時代に注力していた

「熱傷の集中治療」でした。重症熱傷は本当に様々な病態を短期間で示すダイナミックかつ重症度の高い疾患です。経験を交えてお話できたことは僕に取っても大切な時間でした。

今後も教育に関わっていきたいです!

2018年7月28日 文春オンラインに取材を受け記事にしていただきました!!

大学の先輩にご紹介をいただき、救急医として取材を受けました!

内容は「飛行機だけじゃない!エコノミー症候群 命に関わる意外なリスク」とのことで、被災地における避難所などで同一姿勢を取り続けることによる血栓リスクについてお話させていただきました。

詳しい内容は記事をご覧ください。

現役の救急医を差し置いて何を言うか!というご意見もあろうかとおもいますが、まだまだ魂を持ち続けている男なのでお許し願いたいと思います。

数多くの閲覧を待っています!


2018年7月18日 在宅医療は奥が深い

クリニック開業から約半年が経過しました。

当初は外来の業務がほとんどでしたが、徐々に在宅医療のお問い合わせも増えてきて現在8〜10人ほどの患者さんを拝見しております。

当クリニックの理念に基づき

他の在宅医療施設に受け入れられなかった方、整形外科や外科的治療が必要な方、原因は判然としないが衰弱が進んでいる方を積極的に受け入れています。


院長小泉の救命センター勤務の経験から

「より困難、複雑な病態、複雑な家庭状況の方ほど患っておられる」と考えています!

病院からのひも付で管理が容易な患者さんのみ受け入れている在宅医療施設とは根本から違います。

たくさんの人数は診ることはできませんが、地域で困っているご高齢の方、ご家族の方のために

難しい状況の方に関わらせていただきます!

浜田山ファミリークリニックはみなさんのそばにあります。

ご相談は03-5929-9151まで。。。


2018年7月11日 久しぶりに院長の生いたち編!

院長の小泉です!

久しぶりにわたくしの生いたちなんかをお話ししたいと思います!

浜田山小学校を卒業した後、区立高井戸中学校に進みました。

野球が好きだったので野球部に入りたい、と思いながらも、やっぱ勉強もしなきゃいけない、という環境にも置かれて、結局なんの部活にも入らず三年間過ごしました。これは今思うととてもつまらないことだったな〜、と思っています。

かといって勉強がすごくできたかというとそんなことはなく、まあ少しまし、という程度。

あと、とにかく太っていた!!マックスで75kgくらいあったんです。。

デブで運動できなくて勉強も中途半端。。

はっきり言って心も身も宙をさまよっていた、というのが本音です。

青春時代は暗かった。。

でも色々な友達との関わり合いが自分のココロの形成に繋がっていたことは間違いありません。様々な境遇、様々な考えに一番触れることができた三年間だったと思います。

今、クリニックを開いて数人ですが来院していただいています。

今後もわたくしのことを思い出して来てくれる人が増えるといいな、と思っています。

ぜひ高井戸中学校出身の方、いらしてください。旧交をあたためましょう!

2018年6月26日 眼科と内科の訪問診療!

先日、内科・整形外科で伺っていた患者さんが目も見て欲しいとの依頼があり 初めて眼科医の妻とおうちにお邪魔させていただきました。 私は維持液の点滴、妻はハンドスリット、視力表を使用して視機能検査をおこないました。






幸いにも眼科疾患は大したことはなさそう。 今後は内科的治療に専念できます! このように複数科を見ることのできるのは我がクリニックの売りです!!ぜひご注目ください!

2018年6月19日 プラリマリケア学会に出席してまいりました!

去る6月17日(日)に第9回日本プライマリケア連合学会学術集会に出席してまいりました!
朝、5時起きで新幹線のぞみで名古屋まで、そこから近鉄特急アーバンに乗り継いで三重県「津」まで行ってきました。

いや〜なかなか遠い道のりでした。

時間があれば「伊勢神宮」「志摩半島」「英虞湾の真珠」など行きたいところでしたが、日帰りなので全然無理でした。。。

学会は総合診療医とは何か、ということが多く議論されていました。でもあまりに多様な専門家がいるので、話がかみ合わないこともしばしば。。

私の考えでは「どのような症状でも嫌がらずに診てくれて、最後まで患者の訴えに付き合える医者」が総合診療医だと確信した1日でした。

学会は三重総合文化センターというところで開催されました。隣接する施設に三重博物館(Mie Muというらしい。。)がありましてちょっと顔を出したら、ミエゾウがお出迎え。

三重、といえば「赤福」ですが、保存の問題、我が家にあんこ好きが少ないことから購入は却下となりました。。

午後7時半には帰宅。疲れましたがいい学会参加ができました。

みなさんありがとうございました!

2018年6月9日 浜ファミは「訪問診療」に精通しています!!!

意外と知られていないのでコラムします!!!
  • 浜田山、高井戸東地域を中心に居宅医療を受けたい方。地域の訪問看護ステーションと連携を取り可能なかぎり24時間体制で対応いたします。
  • これまで延べで5000回を超える訪問診療、往診の経験があります。
  • 重症度にかかわらずお話を伺い随時自宅へ赴きます。 
  • 現在も数人の患者さんのご自宅へお伺いしています。 
  • 急な往診にも出来る限り対応しています→当クリニックの特徴としては「外科的」「整形外科的」な緊急のケガにこそ実力を発揮します!!
  • 自宅から動けない、通院するのが難しい、などお困りでしたら、浜田山ファミリークリニックまでご連絡くださいませ 03-5929-9151まで

2018年6月4日 「虚弱高齢者」「サルコペニア」「フレイル」って。。。

みなさん「虚弱高齢者」「サルコペニア」「フレイル」という言葉を知っていますか?

知らないうちに筋肉量が低下してしまい、ふらついたり、めまいだったり、さらなる食欲低下を訴えたり。。浜田山ファミリークリニックにもこんな症状の患者さんが多く来院されています。

今回時事通信より報道がなされました。引用しておきますね。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00010000-jij-sctch


浜田山ファミリークリニックでは高齢者のうったえを拝聴しております。やれることはひょっとして少ないかもしれませんが、真摯に対応いたします!

まずは受診して話をしてください!

2018年6月1日 風が吹くだけでも痛いよ。。。 「痛風」のはなし

「痛風」
足の親指外側が腫れてとても痛くなる。。風が吹いて空気が触れるだけでも激痛が。。なんて言われることからこう呼ばれています。


尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続きます。これを高尿酸血症と言います。放置するといよいよ痛風発作といって耐えがたい痛みを伴う関節炎(特に足の親指外側)を発症します。当初は鎮痛と炎症を収めることに専念し、そのあと尿酸を下げる薬を内服していただきます。

発作が収まっているからといってそのままにしておくといろいろな部位の関節炎、腎機能障害なども引き起こします。

また高血圧、高脂血症、心血管系疾患と深い関係にあり、合併しやすいとされています。

つまりはほっといたら血管の病気も引き起こしますよ、というメッセージなわけです。。


当院は整形外科と内科を標榜しているのでいずれの科でも対応できます。痛み止めを適切に処方、場合によっては局所注射を用いて症状緩和に努めます。

浜田山ファミリークリニックでは内科的、外科的双方のアプローチをさせていただきます。いつでもどうぞ。

2018年6月1日 本日から『杉並区の特定健診』が開始されます!

今年度の杉並区の特定健診が開始されます。特に体調の変化がなくとも一年に一度はカラダの状態を医師に確認してもらいましょう。

身長、体重から始まって、心電図、血液検査、尿検査の基本的な検査に加えて、がん検診として検便、喀痰検査を承ります。

どうぞお気軽にご連絡ください。スケジュール調整をさせていただきたいので一度お電話をいただきたいと思います。03-5929-9151まで

2018年5月24日 「はやり目」がまさにはやっております!!

「はやり目」が流行しているようです。過去10年で最多のペースで発生している模様。流行性角結膜炎は、アデノウイルスが原因。感染力は強く、充血や目の痛み、まぶたの腫れなどの症状が出ます。感染研究所では「こまめな手洗いやタオルの共有を避けるなど予防が必要」とコメントしています。
目が充血している、まぶたが腫れている、目が痛い、このような症状があったら浜田山ファミリークリニック眼科部門に診察させてください。

2018年5月12日 ちまたでうわさの麻疹(はしか)の話題(2)

麻疹の流行が現在話題となっています。

感染症の流行については「感染る」「重症化する」などの不安感、恐怖感がニュースなどでどうしても先行しがちです。怖がらず、しかしひるまず対応するにはどうするべきか?「麻疹(はしか)」について整理してまとめた2回目です。

ワクチンを打つ!といっても
麻疹単独ワクチンは品薄だそうです。ほとんど入荷できそうにありません。
したがって「麻疹・風疹ワクチン」を予防投与に使用しています。
お問い合わせください。都度、対応いたします。

麻疹の流行が現在話題となっています。

感染症の流行については「感染る」「重症化する」などの不安感、恐怖感がニュースなどでどうしても先行しがちです。怖がらず、しかしひるまず対応するにはどうするべきか?「麻疹(はしか)」について整理してまとめた2回目です。


麻しんの流行状況(東京都 2018年)を引用しますね。
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/measles/measles/
杉並区はまだ報告例がありません。

じゃ、予防でワクチン打つの打たないの?の議論は。。
CRCさんの下記記事によると
http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/123.html

「これまでウイルス感染症に自然感染すると一生罹らない(終生免疫)と考えられていましたが、高齢化や抗癌剤・免疫抑制剤・ステロイド等の治療により、免疫が低下した場合、感染する可能性があります。免疫の持続期間は自然感染で40~50年、ワクチン1回接種で約10年といわれています。よって、感染歴、ワクチン接種歴があっても免疫能の有無を抗体検査で確認します。

発症予防に十分な抗体価が無い場合はワクチン接種によって免疫を増強します。十分な抗体価を有する場合、ワクチン接種は不要です。」

採血をした上で抗体価の評価が重要です。以下のごとく基準があります。。
”基準に満たない”ならばワクチン接種を、ということになります。


2018年5月7日 ちまたでうわさの麻疹(はしか)の話題(1)

麻疹の流行が現在話題となっています。

感染症の流行については「感染る」「重症化する」などの不安感、恐怖感がニュースなどでどうしても先行しがちです。怖がらず、しかしひるまず対応するにはどうするべきか?「麻疹(はしか)」について整理してまとめてみたので2回にわたって書きます。


<麻疹(はしか)って?>

以前からあったはしか(麻疹)の感染。私の子供の頃はかかるのが当たり前の感染症でした。ワクチン接種が義務化されたことによって駆逐されかけており発生数は激減しています。
が、その問題点もいくつかあるようで。。
2018年春先から沖縄で集団発生が認められ、にわかに世間を騒がしている。麻疹に関してお問い合わせ、ワクチン接種に関しての相談もちらほら見られます。正しい認識が必要です。

以下、記事の引用となります。。https://www.huffingtonpost.jp/…/24/measlestravel_a_23419200/

 はしかが沖縄で流行中、専門医がGW旅行「キャンセルよりワクチンを」と呼びかけるわけ
「かつて、はしかは日本社会に定着していました。たびたび流行が起きて、すべての日本人が大人になるまでに感染していたのです。よって、ほとんどの中高年は、すでに感染しているものと考えられます。このため、おおむね50歳以上の方は、はしかに感染する心配はないと考えられます。

一方、1977年生まれ以降、はしかのワクチンが定期接種となります。これにより、はしかが日本社会から排除されはじめます。ワクチンを接種している人が多数いることで、接種していない人でも感染せずにすむようになりました。さらに、1977年から1990年生まれまでの定期接種は1回のみだったので、この世代の、はしかの免疫は次第に落ちていきました。

こうして、はしかに感染したこともなく、免疫も十分にないという世代が日本に生じてしまったのですね。これが、しばしば発生しているはしか流行の原因です。幸い、1990年生まれ以降は2回接種が定着していますから、1977年から1990年生まれ世代がワクチンを打てば、日本社会は本当の意味で、はしかを排除することになるのでしょう。」

ワクチン接種もせず、感染もせず、うまいことすり抜けてきた人が多数いるようです。


<どのような感染症なの?>
麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。感染力が極めて強く、死亡することもある重症の感染症
空気感染、飛沫感染、接触感染、いずれの方法によっても感染します。
→こういう書き方をすると不当に不安をあおることになりますが、とにかく慌てず適切な対応を心がけましょう。


<どのような症状が出るの?>
まずは発熱!!
10〜12日の潜伏期ののち、発熱で発症します。

発熱期は咳、鼻水、結膜炎症状が強く、38℃以上の発熱が数日続きます。病気の経過中、いちばん感染力が強い時期です。

次に発疹!!
その後、いったん解熱傾向を示しますが、すぐに耳後部付近から発疹が現れるとともに、39℃以上の発熱が数日続きます。

発疹出現前後1、2日間に、
口腔粘膜(臼歯の横付近)に白い粘膜疹(コプリック斑)
が現れます。
この粘膜疹は麻疹に特徴的であるため、これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどです。

発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。

合併症に注意!!
肺炎、中耳炎を合併することが多く、
1000人に0.5〜1人の割合で脳炎を合併します。

また、麻疹ウイルスに感染後、とくに学童期に発症することの多い中枢神経疾患として、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)があります。知能障害、運動障害、ミオクローヌスなどの症状を示し、発症から平均6〜9カ月で死亡する進行性の予後不良な疾患です。
発症頻度は麻疹にかかった10万人に1人程度といわれています。

       ⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧⇧


不安を煽っているわけではありません。適切な対応が必要なわけです。無用な予知不安はNGですよ

第2弾も数日以内にUPしますね(*^_^*)

2018年5月3日 診療圏調査って??

診療圏調査って何?
通常、クリニックを開業するときは「診療圏調査」ということをやります。つまりは医療をビジネスと考え自分の扱えそうな患者さんがどれだけいるか、他に競合するお医者さんがいるかどうか、開業候補地を調べるということです。


ということはビジネス的に不利だからこの土地ではクリニックを開業するのは止めよう、と判断している人もいるということです。


私は父、叔母がつないでくれた場所で開業、ということしか考えていなかったので、一切の診療圏調査は行っていません。なにしろこの
「浜田山の地で開業する」ということが優先されたわけですから。一応前職は大学教員で安定していましたから、なおさらです。


クリニック激戦区です、ビジネスだけ考えれば開業地に選ばないかもしれません。この街に役に立ちたいからの開業です!!


憶いを語ってしまいました。すいません。。

2018年4月25日 特定健診のオプション

6月に入りますと杉並区の特定健診が開始となります。わがクリニックとしては初めての健診シーズンです。それこそ普段健康でクリニックへこなくても大丈夫な方々に会えるチャンスなわけです。地域の方々との新たな出会いを楽しみにしています!

当クリニックでは特定健診で定められている検査以外にもオプションとしていくつかご用意しようと思っています。

  1. 骨粗鬆症かどうか調べましょう!→骨塩量測定
  2. 前立腺癌のスクリーニング→ 高感度PSA測定
  3. 甲状腺疾患のスクリーニング→ 甲状腺ホルモン検査
  4. 動脈硬化評価→ 頸動脈エコー
  5. 眼科ドック→ 視力検査、屈折率検査、眼圧測定、OCT検査

などなど色々と考えています。

いくつか付け加えることによって個人にあった健診ができると信じています。

まずは浜ファミの門をくぐってくださいませ。。


2018年4月21日 当院で拝見できる疾患(8) 熱中症

「今年は気温が高くなるので熱中症に注意しましょう!!」

という言葉はニュースや天気予報でもよく言われることです。「熱中症」という言葉は最近20年くらいで認知度が上がってきたもので、過去には医師の間でも「暑気あたりだから」「暑いから疲れるのは当たり前」などと言われてしまい、体の変調として扱ってもらえない時もありました。

現在は認知度が上がってきて熱中症と判断してもらえることも増えてきました。

特に学校の運動会の時などは日中ずっと屋外で待機、運動、脱水と熱中症に陥りやすいと思われます。これから5月に入りますと運動会シーズンです。お子様の疲れが尋常でない、ぐったりしているなどありましたら代休の月曜日に浜ファミまでいらしてください。

院長は救命センター従事中に熱中症に対する学術発表および研究に携わっていました。熱中症を熟知した医師に見てもらい的確な診断、治療を受けましょう。

2018年4月14日 当院で拝見できる疾患(7) 在宅医療および往診

在宅医療は患者さまのお宅に医師がお伺いして直接診察し、なるべくそのご家庭に合った方針に沿って治療を提供するものです。

ただ患者さんの状況は様々です

  1. 脳卒中など大きな病気をされて病院から退院されてきた
  2. 年齢を重ねていって体力が低下してしまって通院できなくなった
  3. がん治療の末期で痛みのコントロールし自宅で終末期をむかえる

病院に入院しているわけではないので、「やれる範囲で」「お家でできる治療」ということが基本となります。もちろん急変時に駆けつけて訪問診療レベルで対応できないこともあるでしょう。その際には適切な医療機関をご紹介差し上げる、という使命があるのだと思います。

いずれにしても患者さん本人だけでなく介護されるご家族の心情を察する、疲労を緩和することに目を向ける必要があります。ご家族丸ごと拝見する、という気持ちがなければいけないと肝に銘じています。

当院は外来患者さんを見ながらとなりますので、どうしても配慮できないときがあるかもしれません。でも力の及ぶ範囲で最大限努力させていただきます。

在宅医療、訪問診療、往診のご依頼、ご質問をお待ちしています。


2018年4月7日 当院で拝見できる疾患(6)

開院してから約3ヶ月が経過しようとしています。

わたくしの目指すところは「高血圧などの生活習慣病、喘息などの慢性疾患、腰痛やひざ痛などの整形外科疾患、急なケガ、内科疾患にまつわる眼科病変」など幅広く総合診療的なクリニックです。

現在のところ年齢層は2歳から96歳まで幅広く、疾患も内科だけでなく外科、整形外科の患者さんも数多く来院いただいております。

まだまだ患者さんの数は少ないですが、我がクリニックの理念に合った患者さんが来院いただいているようです。

訪問診療の患者さんも少ないですが拝見しております。今後、ニーズに合わせてどんどんお家に伺わせていただきます!

今後も地域のため浜田山のために尽力します!

2018年3月29日 超音波検査は有用です!

超音波検査はとっても簡単

なにしろ患者さんに対して

「侵襲的でない」苦痛が少ない のが特徴です!

加えて

「今現在の臓器の様子がわかる」

ということがあります。医師にとっても後から結果がわかる検査と違って治療方法も迅速に判断する事ができます!心臓など動いている臓器の調子も目の前で確認できるわけです。



当院では

  • 腹部超音波検査
  • 頸動脈超音波検査
  • 心臓超音波検査
  • 甲状腺超音波検査
  • 整形外科領域超音波検査(靭帯や筋肉)

をおこなう事ができます。

腹部超音波検査の際に事前の準備として空腹で来ていただく必要が有りますが、他の超音波検査は準備の必要はほとんどありません。

つまり患者さんにとっても、医療者にとっても有用な検査であると言えます。

開院以来3ヶ月足らずですが

既に50件ほどの超音波検査を行っています。

是非、「侵襲的でない」「今現在の臓器の様子がわかる」超音波検査を受けることによって体の様子を把握しましょう!!

2018年3月28日 当院で拝見できる疾患(5)緑内障

緑内障は決してまれな疾患ではありません。気が付いた時は目の機能が随分落ちてしまっているという報告があるようです。
「緑内障、症状が出た時には視神経の半分死滅 自覚症状前の早期発見が鍵」by 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl…


 ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎


上の写真はSantenさんの目玉おやじ(模型)です。

緑内障は左の図のように

  • 目の虹彩というところで作るお水がうまく流れない
  • 目の中の圧力が高まる
  • 目に内張りされている「網膜」や「視神経」が強く押されてしまう
  • 一部視野が欠けたり視力が極端に落ちたりする
  • 最終的には盲目となってしまう

というとても怖い病気です。

でも浜田山ファミリークリニックには信頼できる眼科医がいます。

40歳を超えたら、念のための眼科受診も有用です
どうぞ浜ファミの門をくぐってくださいませ。。

2018年3月23日 浜田山で生まれ育ちました(2)

地元の高井戸中学校出身です!

最近、高井戸図書館によく行くので当時のことをよく思い出します。

勉強をしにいってたのか、友達と遊ぶために行ってたのか、よくわかりません。思春期の多感な時期に様々な人と関わった思い出はとても尊いものです。

なかでも中学2、3年の文化祭の時に映画を撮影、発表した時のことをよく思い出します。I内くんとH瀬くんと我が家(現浜ファミが建っているところ)で夜中まで編集、試写を繰り返したものです。うるさかったので開業医だった父親に「うるさいから帰って!」と怒られました。。

楽しかった3年間、それを地元で開業することによって地域貢献することで再現できるかもしれない、と思っている今日この頃です。

当時の僕を少しでも覚えている方、どうぞ浜田山ファミリークリニックまでお越しください。昔話に花を咲かせましょう\(^o^)/

2018年3月14日 当院で拝見できる疾患(4) 糖尿病と糖尿病性網膜症

我が国における三大成人病の一つ、糖尿病

長年にわたるよくない生活習慣の連続により、徐々に糖分をうまくエネルギーに変えられなくなる病気です。体が糖尿病状態に陥ると血管の中に使ってもらえない糖分がながく停滞し、血管の内側をゆっくりとイジメてきます。最終的には大事な臓器、心臓や脳の細い血管をむしばんで、❶心筋梗塞❷脳梗塞などの生命をおびやかす疾患を呼び込んでしまうのです。

また最も重要な合併症として「網膜症」があります。糖尿病による影響は網膜の細かい血管にも及びます。本人の自覚なしに進行していることが多く治療が遅れることがあります。

「糖尿病」と「網膜症」

同時に診察できたら患者さんにとって様々な利益を提供できます。

浜田山ファミリークリニックにはそれがあります。

糖尿病かも、今現在糖尿病で治療中だけど合併症も一度に見てもらいたい、

そういうご希望の方、どうぞ浜田山ファミリークリニックの門をくぐってくださいませ m(_ _)m

2018年3月9日 本当の「かかりつけ医」とは。。。

厚生労働省はこのほど地域医療において「かかりつけ医」機能を強化すると通達を出しています。基準としては「在宅支援診療所」と「在宅時医学総合管理」の双方が届けでていれば「かかりつけ医」として認められるとのことです。当クリニックはこの施設基準を満たしますが、基準を満たせば良いわけではありません!


ひとりひとりの患者さんの

①生きてきた軌跡

②憶い

③現在の病状

を把握できなければかかりつけ医もへったくれもないものです!


患者さんの物語を生の声で伺い、その物語を紡いでいく、そういった関わりをすべきなのではないでしょうか?

経営的に考えれば理想論かもしれませんが、僕は患者さんのより良い人生に立ち会いたいという気持ちです。

なので、、

浜田山ファミリークリニックへどうぞいらしてください。

2018年3月4日 杏林大学付属病院高度救命救急センターは健在!

1年ぶりに杏林大学高度救命救急センターに行って参りました。センターの建物は変わりませんが、働いている医師たちは思いっきり若返っていました。

僕のような老犬はとても入る余地もないような、とても活気がある臨床を見せてもらいました!

僕が救命当直の合間にお休みしていた医局です。こっちはよく使っていたソファーベッドが引退されるとのこと、とりあえず一回寝転んで労をねぎらっておきました(笑)

いずれにしても私の原点。初心に帰って頑張ろうと思えた1日でした!

2018年3月2日 浜田山の街で自転車に乗っていたら。。。

先日、お昼休みに自転車でチャリチャリとのんびり移動。。お昼ご飯はファミマのおにぎりにしようかな〜などと考えていたところ。。。

ライブタウン〜西友の駐車場の道で大泣きの男児を抱えるお母さんが。。

ティッシュで頭押さえているし変だな〜と思って。

そこでおせっかいな救急医だましいが芽生えました!

「近くにクリニックやってる医者ですけど〜」とお声がけ。

道路で転んでひたいをぶつけ血が出ていると!!!

キズは1cmほどでしたが縫合する必要がありました。

お母さん、途方に暮れてお昼休みの小児科へ向かおうとされている。。。

「うちで診ます、一緒にいきましょう」とスタッフの迷惑顧みずクリニックへ。

そうしたら事務員さん、看護師さんともに嫌な顔一つせず対応。

麻酔してキズ縫って、お子さんも頑張ったね!!

アフターケアでアンパンマンの絵本を読み聞かせしましたよ(*^^*)

これぞ、僕の目指していた「街のお医者さん」像です。これからも同じようなことに遭遇したら浜田山の街のためになろう。。そんな新たな気持ちにさせてくれる出来事でした。

うれしいです!

2018年2月28日 高千穂幼稚園PTAさまから講演のお礼のお手紙をいただきました!

先日、高千穂幼稚園にて子供達の身の回りの危険についてお話しさせていただきました。熱心に聞いていただいて質問もたくさんもらったので大変有意義にお話しできたな〜と満足していましたら。。。

なんとこのような丁寧なお礼のお手紙をいただいてしまいました(^o^)

今現在私も3人の子育てをしながらなので実体験に基づいた話に共感を持っていただいたようです。

また内容を変えてお話しできたらな、と

今度は検診でお伺いしますね。

2018年2月16日 当院で拝見できる疾患(3) 切り傷、出血がある傷、ヤケド

ぶつけて頭をケガした、包丁で切ってしまったなど出血を伴う場合はどうしましょう。

そのような時こそ当クリニックの出番です!

キズの縫合はこれまでさまざまな数千件の経験があります。若い女性の顔などどうしても美容的な場合以外はどのようなキズでも拝見して、迅速な対応をさせていただきます。

またヤケドは院長がこれまでもっとも力を入れて診療してきた疾患です。初期治療はもとより熱傷創の治癒過程、治癒した後の瘢痕などの治療も見させていただきます。ちなみに熱傷専門医を取得維持していますので実力も担保できていると思います。

安心して診療を受けられるように配慮いたしますので、まずはケガによるキズと熱傷は当院にお任せください!

2018年2月14日 高千穂幼稚園で講演をして参りました。

昨年度から園医を務めさせていただいている高千穂幼稚園PTAにお招きいただき、「子どもに安心をプレゼント」というお題でお話をさせていただきました。

不慮のケガ、熱中症、溺水などを話題として、どのように予防、起きてしまった時はどのように対処するか、なるべくわかりやすくお話ししたつもりです。


実際、お話ししている内容が「こうしないといけません」という感じに伝わって保護者の方々の負担になってはいけない、と注意いたしました。何を隠そう現在私も3児の父親、細心の注意を払ってもうまくいかないことがあると実感しているものですから。。

でも講演後にたくさん質問をいただいたので、うまくお話しできたかな、と思います。

今後もこのように地域の方々に健康についてお話しさせていただければ幸いです。ご依頼ありましたら下記まで

take99051●hamadayamafamilyclinic.comまで(●は@に変えてメール願います)

2018年2月9日 動脈硬化の程度を調べましょう!

血圧が高い方、コレステロールが高い方、糖尿病の気があると言われた方、動脈硬化の進行程度を調べましょう。

動脈硬化は症状がなくても知らないうちに進んでいます。血管の壁によどみを作ったり、内側が細くなってしまって血液がうまく流れなくなったり、します。

そういった変化を事前に調べることのできる検査が「頸動脈エコー」です!動脈の内側に変化が起きているか、あるいは壁が弱くなっていないかどうか、リアルタイムに調べることができます。

当クリニックでは積極的に頸動脈エコーを行っています。動脈硬化が気になる方はぜひお声かけくださいませ。

2018年2月2日 浜田山で生まれ育ちました!

院長の小泉健雄です。今日はぼくの生い立ちなど、お話しします。

私は生まれも育ちも杉並区浜田山です。昭和43年に近くの先代の幾石先生の医院で生まれました。記憶の彼方には周りは畑が多くあり、おばあちゃんと井の頭線を眺めていた覚えがあります。今となりの「もも薬局」さんがあるところには幼馴染が住んでいたものです。

年中さんから井の頭線線路沿いにあります「常盤ヶ丘幼稚園」に通いました。あんまり塊になって遊ばない子で桜の木をぐるぐる一人で回っていた、というエピソードがあります。おもちゃやさんは「あらよ」というお店が現「ドトールコーヒー」のとなりにあり本当によく行きました。その当時は「ウルトラマンエース」などが好きでした。

小学校は浜田山小学校に通いました。一年生の頃は通学路のど真ん中に地主さんの大きな畑があり、本当に時々ですが通り抜けて行ったこともあります。多分、2年生になる頃(?)ライブタウンができて街の雰囲気がガラッと変わったのを覚えています。

とにかく生徒数が多くて一学年5〜6クラスあったと思います。当時の同級生とはコンタクトをとってませんが、皆さんはどうされているでしょうか?

近くの「かなめ公園」で近所の友達とよくゴムボールで野球をしました。これは本当にいい思い出です。いま訪れると野球をやるには狭く、ここで「ホームラン打った〜」などと言ってたのはバカみたいだったな、、と。でも楽しかったんです。

いい意味で僕の感受性を育んだ時期だったなと思います。今、この街で働くことができたのも当時の繋がりあってこそだと感じています。

長くなりましたので一旦おしまいにします。いずれ中学以降の話も。

2018年1月30日 当院で拝見できる疾患(2)甲状腺疾患

「甲状腺」という臓器をご存知ですか?ちょうど喉ボトケと鎖骨のくぼみの間にあり、チョウチョのような形をしています。

でも「甲状腺って病気になるの?」とよくご存知ない方もいらっしゃると思います。
甲状腺からは新陳代謝を活性化する「甲状腺ホルモン」が分泌されます。

ではもしこのホルモンのバランスが悪いとどういった症状が出るのでしょう。

もし甲状腺ホルモンが正常の人よりたくさん出てしまったら…

  • 周りの人と比べて暑がり
  • 汗っかき
  • すぐに疲れてしまう
  • すぐに心臓がバクバクする
  • すぐに呼吸が苦しくなる
  • 落ち着きがなく、イライラする
  • 食欲があってよく食べるのに体重が減る
  • 手足が震える
  • 頚の腫れている
  • 眼が出っ張っていると言われるあるいは自覚する

こういった場合は甲状腺の機能が上がりすぎていることがあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バセドウ病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎

が考えられます。

甲状腺ホルモンがすくなく分泌された時の症状は?

  • なんだかやる気が起きない
  • 皮膚が乾燥している
  • 寒がりになった
  • 髪の毛が薄くなったような気がする
  • 声のかすれを自覚する
  • 便秘傾向にある
  • 物忘れも増えたような
  • 食欲低下がある
  • 体重はむしろ増えたかも

こういった場合は甲状腺の機能が下がっていることがあります
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
橋本病(慢性甲状腺炎)

当院では注意深い診察、問診をおこない、甲状腺ホルモンおよび甲状腺抗体を測定して甲状腺更新症および甲状腺機能低下症を診断いたします。必要に応じて甲状腺エコーを施行してより厳密な状態把握に努めます。
また甲状腺専門の医療施設との強い連携をとれますので、当クリニックにて対応が難しい状態の場合には迅速により高度な医療ができるようにご紹介差し上げます。
「甲状腺疾患かしら?」と思ったら、まずは浜田山ファミリークリニックにお立ち寄りください。

2018年1月26日 当院で拝見できる疾患(1)打撲・捻挫・骨折

1月14日の内覧会には多数のご参列をいただきまことにありがとうございます。
今後も地域の皆様に望まれるようなクリニックを目指します。よろしくお願いいたします。

さて今回は「当院で拝見できる疾患(1)」です。

1月22日は都心もひどい大雪でしたね。
都会は雪に弱いとよく言われますが、この際に多いのは転倒に伴う「打撲・捻挫・骨折」ということになります。
当院では整形外科および外科がありますので、レントゲンにて打撲部位を確認、骨折などの診断が可能です。
打撲・捻挫・骨折の応急処置を行うことができます。打撲による切り傷、擦りむきの治療もできます。
骨折で手術が必要と判断された場合には適切な医療機関へのご紹介を差し上げることができます。

転んで手をついた、転んで歩けなくなった、転んで足首を捻った、などなど、どのようなケガにも対応いたします。

まずは「転んで痛い」場合は当院にいらしてケガの程度を判断させてください!

全ては地域の皆様のために。浜田山ファミリークリニック

地域の皆さんの健康管理をしたい 浜田山ファミリークリニック